心理学

思い込みの力で人生を豊かにする。プラシーボ効果で得られる成功への道のり

思い込みの力で人生を豊かにする。プラシーボ効果で得られる成功への道のり
ナミネ
ナミネ
こんにちは、ナミネです

痛いの痛いのとんでいけ~!って言葉、誰しも聞いたことがありますよね。

世界中でこの言葉が小さなこどものために使われています。
以前ニプロのCMでもこの言葉が使われていました。

ナミネ
ナミネ
たしか…世界のおまじないのCMでした。

小さい頃、あるいはあなたの子どもが「痛いの痛いの、飛んでいけ~!」という言葉を聞いたときに本当に泣き止んだり、痛くない!ってニッコリ笑った経験ありませんか?

あの笑顔になるのは痛くないフリをしているわけではなく、本当に痛くなくなっているんです。
ジンジンはしているかもしれませんが…。

この現象は「思い込みの力」、最近では当たり前の言葉になりつつあるプラシーボ効果のおかげなんです。

人生においてこの思い込みの力はとても重要で、思い込んだおかげで成功者になったりポジティブになれたりと良いことづくしなんです!

今回はそんな思い込みの力で何ができるのか?
実際にこの思い込みの力で起きた例を踏まえてまとめていきます。

「思い込みの力」プラシーボ効果とは

思い込みの力で人生を豊かにする。プラシーボ効果で得られる成功への道のり

プラシーボ効果とはプラセボ効果や偽薬効果ともいわれる、説明できない治癒現象をあらわす言葉といわれています。

偽薬効果という言葉から分かるように、偽物の薬でも思い込みで元気になれる現象のことです。

「本来なら効かないものが実際に効いた」という科学的には説明不能な現象に「説明はできないが実際に起こる不可解な治癒現象を、説明原理として創造された概念」としてプラシーボ効果という名前をつけました。

ナミネ
ナミネ
噛み砕いて説明したので、詳しくは調べてね!

今回は分かりやすく「思い込みの力」として説明していきます。

思い込みの力で起きる奇跡

膝関節の具合が悪く、歩くことがままならなくなってしまった患者に起きた奇跡の話です。

この膝関節を良くするために、ある手術が行われました。
なんと麻酔をして、膝に傷をつけるだけの手術です。

患者には「手術は成功した。これからまた普段どおり歩けるようになる」と説明しました。

本来であれば膝の状態は、手術前からあまり変化は見られないはずですよね。

ところが数年後この患者を診察したところ、膝の状態は本物の手術をした人と同じくらい良くなっていたのです。

この思い込みの力を試した医療実験は、勝手に行われたものではなくプラシーボ効果を提唱したアメリカ教授にならって行われたものです。

ナミネ
ナミネ
通常の病院ではこんなことされないのでご安心を!

思い込みによって引き起こされたこの奇跡は、手術という医療行為に期待する気持ちがプラシーボ効果を引き起こしたといわれています。

私が実際に大学で学んだ実例では、ただのラムネで病気が治ったという例もあります。

スポンサーリンク

思い込みの力は事前に「嘘」といわれても効果がある

「こんなのに引っかかるのは、何も知らされていない人だけ」

と思いませんでしたか?
実際に今までも「タネ明かしをしたら状況が悪くなる」といわれてきました。

なので実験でも本物と偽物の区別がつかないように実験が行われていました。

しかし2016年頃に、実験に参加した被験者にあえてこれは偽物です」と説明して薬を飲ませた場合でも治療効果がある可能性を示唆する研究結果が出ました。

この実験は徹底して行われ、痛みがなんと30%なくなりました。
従来の治療だと9%程度しか痛みは軽減しないとされていたのに、偽薬とあえて言ったことによって30%も軽減したのです。

つまり、これによって分かることは「頭の中では嘘だと気がついていても、思い込みの力で現状をよりよくすることができる」ということです!

思い込みの力を上手に使えば自分の実力アップにつながる

思い込みの力で人生を豊かにする。プラシーボ効果で得られる成功への道のり

自分はできると信じきる

思い込むためにはまずしなければならないこと、それは自分を信じきるということです。

自分はできると信じきることができれば今まで怖気づいてきた「一歩」を踏み出すことができます。

もちろん思い込みは先ほど書いたとおり「思い込みだと自覚していても大丈夫」です。

自分の可能性を信じることが大切です。

あなたなら、できます!

腹筋するときにイメージすれば効果があがる

たとえばダイエットのために腹筋をするとき、ただ腹筋をするだけではなくイメージしながら行ってみましょう。

腹筋をして素敵になった自分を想像するのも良いです。
どんな腹筋になりたいのか意識しながら腹筋をすればそのための筋肉がつきやすくなる可能性があります。

さらに、もうすでに筋肉がついてサクサク腹筋できる自分をイメージすればいつもよりも腹筋が楽になるかもしれません。

ナミネ
ナミネ
レッツトライ!
一度じゃうまくできなくても、思い込むことに慣れれば効果を得られるかもしれません!

自分の思うイメージになりきる

思い込みの力を上手につかうためには、自分の想像になりきる必要があります。

偽の薬を飲み「元気でもとの健康な状態」なることを想像する。
その思い込みの結果がプラシーボ効果を生んでいるのです。

薬に限らずすべてのことで大切なのは思い込む力。

人前で発表するときでも「自分ならできる」「人前でスラスラ話せる自分になれる」と思い込むことで、失敗することなく発表することができるんです。

成功者は共通して「思い込みが激しい」

事業で成功したり、人生大逆転するようないわゆる成功者は共通して「思い込みが激しい」といわれています。

アスリートもそうですが、成功者は自分が置かれている状況以上のものを望み「自分ならできる」と信じ込める人が多いのです。

私たちはお金持ちにはお金持ちの生活があり、それを羨んでいます。

お金持ちはいいなぁ
と思うことありますよね。

でも実際にお金持ちの経験をしたことはありません。
思い込みによってお金持ちの常識をつくりあげているのです。

お金持ちになりたいのならば、そのためにどうしたらいいのか?を考え結果を出すために思い込むことが成功するための秘訣です。

ナミネ
ナミネ
私の祖父、元父親、親戚が社長でしたが自意識過剰なところが共通していました(笑)

思い込みの力はネガティブにも働く

思い込みの力で成功することができるという話をしてきましたが、この思い込みの力は一歩間違えればネガティブな方向にも働いてしまいます。

「自分はダメだ…」と思って生きてきた人は「何をやっても失敗する」という潜在意識に支配されて一歩を踏み出すことができなくなってしまいます。

自己肯定感が低い人は共通してこのネガティブな思い込みに支配されています。

このような思い込みによってマイナスな結果をもたらしてしまうことをノーシーボ効果といいます。

思い込みはポジティブなプラシーボ効果だけにすることが理想ですね。

信じるものは救われる!

思い込みの力で人生を豊かにする。プラシーボ効果で得られる成功への道のり

この思い込みの力によるプラシーボ効果を信じ、行動することができればもしかするとあなたも成功者のひとりになれるかもしれません。

行動しなければ結果を得ることはできません。
最初の一歩を踏み出すことができれば、今とは違った明るい人生が待っているかもしれません。

信じるものは救われます。
まずは「思い込み」と自覚した上で一歩を踏み出してみましょう。

あなたのやりたいことはなんですか?

こちらの記事もオススメ